夫婦円満の秘訣

帰省したくない妻が義実家で過ごしやすくなるために夫がするべき6つのこと

夫のえいまです。

GWやお盆、年末年始と長期休暇に、夫の実家(一般的)に帰省することが多いと思います。

早速ですが、夫のあなたにお聞きしたいです…

  • 妻が帰省でストレスを感じていることに気づいていますか?
  • 帰省中に妻がどういう思いでいるか考えたことはありますか?
  • 帰省中に妻がどういう行動を取っているか分かっていますか?

夫は住み慣れた家にルンルン気分で帰っているかもしれませんが、妻は違うんです。

なぜなら、妻にとって夫の実家は他人の家ですから。

夫には分からない気疲れをして、ちょっとした些細なことでもストレスを多く感じているのです。

妻の疲れやストレスを軽くすることができるのは「夫のあなた」にかかっています。

夫のちょっとした配慮で「実家に帰省する妻の嫌な気持ち」を少しでも和らぐことができるのです。

妻が夫の実家で過ごしやすくなるための「夫の配慮」について。妻ちぷらと共にまとめてみました。

夫の親

夫(えいま)の親について

まずは簡単に夫えいまの親の性格を述べていきます。

共通点ありますか?

父 

  • 物静かで言葉数も少ない。
  • 論理的思考の持ち主。
  • 子供のことをあまり気にしない。
  • マイペース。

  • 物うるさく言葉数多い。
  • 感情的思考の持ち主。
  • 子離れできていない。
  • 何かと子供のやることに否定から始まる。
ちぷら(妻)
ちぷら(妻)
お義父さん、寡黙過ぎて何考えているわかりにくいかな。逆にお義母さんはしゃべりすぎて疲れるね(笑)
えいま(夫)
えいま(夫)
2人ともまったく性格が違うからね~

あなたの親はどうですか?

帰省で妻がストレスを感じている3つのこと

妻がストレスと感じていることを3つにまとめてみました。

ストレスと感じていること
  1. 義両親との会話に疲れている
  2. 義実家で行動を制限されている
  3. 義実家の様々な家庭のルールを強いられている

さて、これらについて詳しく書いていきたいと思います。

①妻は義両親との会話に疲れている

夫の親は妻からしたら「他人」です。

「他人」とのコミュニケーションは疲れるものです。

  • 夫のあなたも妻の実家に行ったら、義両親との会話に疲れませんか?
  • さらに仲が少しでも悪くならないように慎重に言葉を選んでいませんか?

妻も帰省する度に義両親との会話に疲れますし、慎重に言葉を選ぶことでストレスを感じています。

義両親との会話で妻が考えていること

  • 夫の親と仲が悪くなるのはどうしても避けたいから言葉に気をつけなきゃ
  • 場の雰囲気を壊さないように気をつけなきゃ
  • 作り笑顔するの大変だなぁ
  • 夫と義両親の間に会話が無くて私がしゃべらないといけないのかなぁ
  • 夫と義父があまりしゃべらないから、私と義母の会話がほとんどで疲れるよ
  • 義父との会話の仕方がわからない…キャッチボールできる話題がわからん…

あなたの奥さんもきっと同じ思いでいるはずです。

かなりのストレスを感じているはずですよ。

②妻は義実家で行動を制限されている

夫の実家は妻からしたら「他人の家」です。

夫のあなたは妻の実家にあがったらこんな行動をとれますか?

  • トイレに簡単にいけますか?
  • 喉が乾いたら勝手に冷蔵庫を開けますか?
  • 見たいテレビがあったとき勝手にチャンネルを変えますか?
  • 嫌いな食べ物があったら残しますか?

できませんよね?

妻は帰省する度に行動の自由が無いことにストレスを感じているのです。

義実家で妻が過ごしにくいなぁと感じていること

  • 会話をさえぎってまでトイレに行きにくいし、言い出しにくい
  • もう眠たくて、お風呂入りたいけど、義両親より先に入れないな…
  • 喉が渇いたけどお水が欲しいって言いにくい
  • 食事で嫌いなものが出たら嫌だな
  • 下着の洗濯どうしよう…
  • すっぴんを見られたくないなぁ
  • 見たいテレビがあるのになぁ

夫は自分の家なので、のんびりストレスも無く過ごしているかと思います。

しかし、妻にとっては他人の家にあがっているのと同じことなので、かなりのストレスを感じています。

③妻は義実家の様々な家庭のルールを強いられている

家庭によっては特殊な暗黙のルールがあり、それを破るととんでもない批判を被ることもあります。

例えば…

  • キッチンに入られたくない義母
  • 朝食と夕飯はみんな一緒に取る
  • テレビのリモコンは父親が支配

といった暗黙のルールです。

あなたの家にもきっとありますよね。

でもそれって妻からしたら「知ったこっちゃねぇーよ!」なんですよ。

妻が義実家で様々な家庭のルールで感じていること

  • 狭いからってキッチンに入らなくて良いと言われたけど、夕食の準備を手伝わなくていいのかなぁ
  • 家族揃ってご飯を食べないことに違和感を感じるなぁ
  • 洗濯の手伝いをしなくても良いのかなぁ
  • お風呂の順番が決まっていないから困るなぁ

夫の実家の場合は、家族のタイムスケジュールがバラバラであり、好きな時間に好き勝手に食べます。

妻の実家の場合は、食事はみんな一緒にとるものと思っているので、ここにギャップを感じ、ストレスになってしまうことがあります。

きっとあなたの妻もこのギャップからストレスを感じているはずです。

妻と義実家へ帰省するときに、夫がするべき6つのこと


ではこういった妻が感じているストレスを少しでも抑えるために夫はどのようなことをすべきなのでしょうか。

本当にちょっとしたことで妻のためになることがあります。

夫がするべきこと
  1. 義両親との会話は夫が率先して!!
  2. 妻が「Yes」と答えられるように質問をすること!!!
  3. 先に実家でのルールを把握しておくこと!!
  4. その日のストレスをその日のうちに吐き出させること!!
  5. 食事の場では妻を気遣ってあげること!!!
  6. 妻に義実家で過ごしやすくなるために協力に求む

①義両親との会話は夫が率先して!!

義両親との会話は夫が率先して行いましょう。

そうするだけで妻のストレスがかなり軽減されます。

ここで私の失敗談を見てみましょう!!

失敗談

ちぷら
ちぷら
雨が続いてましたけど、体調大丈夫ですか?
義母
義母
うん、大丈夫!!えいまくんも体調大丈夫?
えいま
えいま
・・・(スマホゲームに夢中)
ちぷら
ちぷら
(怒)大丈夫だったよね!?
えいま
えいま
(汗)え?あ!大丈夫だったよ!

「テレビやスマホに夢中で親との会話に参加しない」ことをしてしまったのです。

妻が頑張って親と会話しているのが見えないのですか?

私もたまにやってしまうのでもっと頑張らないといけないですね…

②妻が「Yes」と答えられるように質問をすること!!!

会話の仕方には少し工夫が必要です。

妻へ質問するときは「Yesで回答できる」ようにしてみましょう。

例えば…

「9時に出たいから8時に朝ご飯にしようか!」
⇒ 「うん!そうだね!」(YES)

「明日も早いからもうお風呂入りなよ」
⇒ 「うん!お先に頂くね!」(YES)

「お昼はそばがいいんだけど、一緒でいいよね?」
⇒ 「うん!私もそばがいい!」(YES)

「喉が渇いたね。俺冷たいお茶飲むけど、一緒でいいよね?」
⇒ 「うん!一緒で!」(YES)

一緒でいいよね?は前もって妻の好みを把握しておくか、打ち合わせをしておきましょう。

なぜこのような工夫が必要になるかという理由は、選択肢が増えることによって複数の未来を想像してしまい、回答に困るため回答がYesだけであれば、妻は様々なことに気を遣わずに済みます。

そのため、かなりのストレス軽減になります。

③先に実家でのルールを把握しておくこと!!

家庭独自のルールを前もって夫が妻に話しておくことも大事です。

例えばこんなルールが無いか再確認しておきましょう。

  • キッチンに入られたくない義母
  • 朝食と夕飯はみんな一緒に取る
  • テレビのリモコンは父親が支配

あなたの家庭では常識のことでも、妻にとったら非常識なルールがあるかもしれません。

事前に夫婦でそれぞれの家庭のルールをおさらいしておきましょう。

④その日のストレスをその日のうちに吐き出させること!!

部屋に戻ったり、家族と距離が離れたときに、今の心境を妻に聞いてみましょう。

私はよく妻に対してこんな言葉をかけています。
「大丈夫?辛くない?」
「俺にもっとこうしてほしいことがあったら言ってね」
などです。

スマホばかり見ていないで妻のことをもっとよく見てあげましょう。

妻にとって他人の家に居ることと同じであることを忘れないようにしましょう。その日のうちにストレスを吐き出してもらうことによって義実家での過ごしやすさが変わります。

また、夫の気づかない点を妻のに出してもらうことも重要です。

⑤食事の場では妻を気遣ってあげること!!!

嫌いな食べ物が出てきて大変というのはもちろんですが、量の感覚が家庭によってそれぞれ異なります。

夫の実家では普通の量でも妻にとっては多い量かもしれません。

夫は妻の食事を気にしながら、ペースや量がつらそうなら、一緒に食べてあげたりして、妻が困らない対応を取りましょう。

間違っても、食べ終えたからといって先に席を立たないようにしてあげてください。スマホなんて論外です。

こんな失敗がありました。

失敗談

この前帰省したとき、妻はご飯を残せないからとお腹が苦しくなるまで全部食べて気分が悪くなってしまいました。

これは私の反省するべき点です。

⑥妻に義実家で過ごしやすくなるために協力を求む

さて、夫の配慮について語っていきましたが、ここからは妻にも協力してもらってください。

妻の救世主「LINE」
何かあったらLINEすること!と前もって妻に伝えてください。

なぜなら、妻からのSOSを親に気付かれることなく知るために必要なのです。

スマホは肌身離さず持っておきましょう。

例えば
妻がトイレに行っているときや親の目が離れたときに
「明日早いからそろそろお風呂入りたい」や「会話に疲れたから部屋に戻りたい」
と何かあればLINEで連絡してと伝えればよいのです。

重要なのは「些細なことでもいいから、何かあったら夫の私に伝えて」と伝えることです。

さすがに夫といえど、妻の気持ちを100%気づくのは難しいと思います。

夫に伝えることで夫自ら気づけるようになっていきます。
「明日も早いから妻にお風呂へ入っておいでって言うべきかな」
「あ、今妻は疲れているから部屋に戻ろうかな」
とか。

夫婦で話し合い、戦略を練ってから帰省すると

最後に

如何でしたか。

夫が少しでも妻のことを想って行動すれば、妻は義実家でとても過ごしやすくなるのです。

もちろんですが、逆のパターンは妻が配慮する必要がありますね。

お互い支えながら過ごしていきましょう。夫婦なのですから。

一番重要なことは「妻を客人と思って」行動してみよう!

です。

終わり。