共働きの節約術

格安SIMは本当に安いのか?ドコモと比較してみたら意外な結果に!

格安SIMは本当に3大キャリアより安いのか?

実際に比較してみたら…意外な結果になりましたのでご報告いたします。

Twitterではこんなことがよくツイートされているのを見ます。

・格安SIM使わないなんて情弱だなー
・3大キャリアを使っているなんてアホ
・格安SIMなら月額3000円もしないのに…

誰もが口をそろえて…「格安SIMは安い」と言いますよね…

みんなが「格安SIMは安い」って言うから、よく仕組みとはわからないけど格安SIMにしてみた!

っていう人もいるんじゃないですか?

本当に安くなりました?

総額で…

キャリアvs格安SIM…結論

本当に安くなるのか…半信半疑だった私は…

トータルコストで比較してみましたので、格安SIMにする際の参考にしてみてください。

結論から申し上げますと…

私達夫婦の場合!!

≪格安SIM≫ より ≪3大キャリア≫ の方が安かったです。
(2018年8月15日現在)

確かに、格安SIMにしたら月々支払う携帯料金は安くなります。

5GBを使っても3,000円もしないですしね。(3大キャリアなら8,000円ぐらい?)

え、じゃあ安くなってないやん!

って思った方もいたでしょう。

ここだけ見たら、3大キャリアがどう転んでも安くなる要素なんて皆無です。

 

それでは…

どうして私たち夫婦の携帯料金が格安SIMより安くなったのか…

これからまとめていきます。


3大キャリア月額料金と格安SIM月額料金を比較

まずは私達夫婦と格安SIM夫婦の月額料金を見比べていきましょう。

  • 夫婦で携帯料金を支払う。
  • 格安SIMはLINEモバイルさんを参考。
  • キャリアはドコモさんを参考。
  • ドコモのプランは旧来の10GBシェアパックプラン
  • 格安SIM夫婦はそれぞれ5GBプラン。
  • 電話はカケホーダイプランではありません。
男性
男性
ほら見ろ!まったく安くなってないじゃん!7000円も違う!つまり年間で8万円も損している!

これだから情弱は…

確かにこれだけを見たら格安SIMの方の圧倒的勝利ですね。

3大キャリア夫婦はぐうの音も出ません…

それではこの料金に何が含まれているのか解説していきます。

基本的にドコモキャリアで備わっているサービス(留守番電話、安心ネットセキュリティ、ケータイ補償、Wi-Fi)は公平のためにLINEモバイルさんにも入れています。

えいま
えいま
これだけで見たら本当に惨敗です。

しかし、携帯料金=通信費ってこれだけでしたっけ?

  • あなたが使っている「スマホ本体代」は?
  • オンラインゲームや動画を見たいなら「光回線」なんかも使ってますよね?

通信費の総額で比較してみたら…?

携帯料金だけを比較するから意味がおかしくなってしまうのです。

通信費全体で考えたらどうでしょうか?

通信費全体というのはスマホ代、光回線、その他オプションのことです。

ドコモvs格安SIMの通信費総額

通信費総額をまとめてみましたが、注意点がいくつかあります。

  • どちらの夫婦も「iPhone8」を2つ新品で購入
  • ドコモキャリアはドコモで、格安SIM夫婦はアップルストアで購入
  • AppleCare+は入れていません。
男性
男性
は?そんなわけないだろ!計算間違えたんじゃない?

計算間違えではありません!!

これらの料金の中身を見ていけば、その理由が分かります。

ドコモvs格安SIMの通信費総額…比較表

  • ドコモ月額料金:14,100円+5,780円=19,880円
  • 格安SIM月額料金:7,280円+14,846円=22,126円

ドコモの方が実質支払う月額料金が安くなる結果に。

 

ドコモの方が実質安くなっているのはなぜ?

安くなるのも秘密がありまして…全員が全員ドコモにしたから安くなったわけではありません。

  • ドコモだとスマホ代金が実質0円
  • ドコモ光とのセット割引
  • DAZNが1780円ではなく980円
  • 映像セット割引

格安SIMはスマホが無いと使えませんよね。

iPhone8を24回払いで購入したとしたら、本体は78,800円なので単純に24で割ると月3,283円の支払いが上乗せされる計算です。

それが2台となると6,566円…

しかし、キャリアだとどうでしょうか?

あるプランに入ると携帯料金が実質0円になりました。

確かに、iPhone8ではなく格安スマホ(2万円代)であれば月1000円しか増えませんので圧倒的に格安SIMが安いです。

あなたが買いたいスマホは何ですか?

 

ドコモの本体代金実質0円の罠

とはいっても、スマホ代実質0円というのには罠がありまして…

その罠についてまとめていきます。

スマホレディー
スマホレディー
こちらのプランに入ると実質0円ですよ。

そのプランとはこちら。

  • dTab購入(月々560円*2人)
  • 有料月額サービスに2か月間入会(合計1700円=3400円*2人=6800円)
男性
男性
ほら、見ろ。情弱だからこんなわけのわからんプランに入らせられ追加料金がかかる。結局総額は変わらんだろ!

これはたった2か月間だけの入会なので先程の料金表には入っていません。

後ほど2年総額の料金表に追加します。

 

オプションが面倒くさいから格安SIMでいいやって人は格安SIMで良いと思います。


キャリアと格安SIMの携帯料金の総額まとめ

さぁどうでしょうか?

  • 19,880円(月額)₊1,120円(dtab)=21,000円
    21,000円×24か月₊6,800円(初回2か月のみ課金)=510,800円
  • 22,126円×24か月=531,024円

キャリア夫婦に2万円も軍配が上がりました。

さらに私はdCard‐Goldなので携帯代の10%がポイントとして付与されますし、年間支払い総額によっては2万円分のクーポンも付くので…さらにお得です。

えいま(夫)
えいま(夫)

2年総額でみるとこんだけの差があるんですよね…

月額料金サービスに入ったとしても安いですね。

すごく面倒ですが…2か月たったら忘れず解約しましょう。

余談ですが、月額料金サービスの中に「VideoMarket」というサービスがありました。

映画やドラマをポイントを払って見れるというものなのですが…

なんと!!

スマホ2台、タブレット2台分で計4台にそれぞれ1万ポイントの合計4万ポイントが付与されました。

新着映画でも一本432ポイントぐらいなので、少なく見積もっても80本の映画が観れる計算です。

映画好きの私達にはたまらんです。

だから、実質0円のために月額料金が追加で6800円かかっても、40,000ポイントも付与されてるので、めちゃくちゃお得です。

さらに、ちなみに

ビデオマーケットでドコモ契約時に40000ポイント入手したので、映画好きにはたまらん。
新作でも500ポイントぐらいだから、実質80作品は観れる計算。

そしてまだ35000ポイントも残ってる。はよ消化しないと月額料金かかってまう笑

— 商社マンのえいま (@eiuma303) 2018年8月29日

3大キャリアの方が安くなる場合
  1. 新しいスマホに買い替えたい(iPhone系)場合
  2. オプション(DAZNなど)を入れる場合
  3. ドコモ光を使っている場合
  4. 家電屋さんのサービスを使う場合

最後に

こんなに安くできたのは私達夫婦だから…ということも大きく影響してると思います。

そのため、これから格安SIMにしようかと悩んでいる人はまずこれらを考えてみてください。

格安SIMにするかチェック!
  1. キャリアのプランを見直してみて!割引適用はある?
    (ドコモならドコモ光セット割)
  2. スマホはiPhone?それとも格安スマホ?
    (キャリアだと実質0円の可能性も)
  3. 電気屋さん独自のプランは安いので話だけでも聞いてみて
    (Video Marketでポイント1万ゲット!)

何もオプションが無ければ格安SIMが安いことは間違いないです。

「あなたの環境」「家族の環境」「どんだけスマホを使うか」「スマホは最新が良いか」などなど様々な条件を考えないといけません。

皆さんの頭でしっかりと考え節約をしていきましょう!